ZBrush → Substance Painter → Modo → Unity までの記録(6) : Unity – 読み込み編

スポンサーリンク

Unity – 読み込み編

Modoで作成したアセットをUnityへ読み込む際のMEMOです。

  1. ZBrush → Substance Painter → Modo → Unity までの記録(1) : 蟲籠式再稼働
  2. ZBrush → Substance Painter → Modo → Unity までの記録(2) : ZBrush – お試し編
  3. ZBrush → Substance Painter → Modo → Unity までの記録(3) : ZBrush – 書き出し編
  4. ZBrush → Substance Painter → Modo → Unity までの記録(4) : Substance Painter – ベイク編
  5. ZBrush → Substance Painter → Modo → Unity までの記録(5) : Modo – マテリアル設定編
  6. ZBrush → Substance Painter → Modo → Unity までの記録(6) : Unity – 読み込み編 ←このMEMO

Modoのバージョンは12で、Unityのバージョンは2018.2.17f1です。

MODO Material Importerのインストール

Unity Asset Storeから、「MODO Material Importer」をサーチして、そのまま「インポート」

01

csファイル一個をそのままimport

02

こんなアラート出ましたが、GoAheadで。

03

インストールされるとこんな感じで、Editor以下に「MODOMaterialImporter.cs」がインポートされます。

04

MODOから書き出し

Modoからの書き出しで若干迷いました。ファイルメニューからの書き出しではありません。この「ゲーム」アイコンをクリックすると「Game」パレットが開き、そこにFBXの出力があります。

「追加パス」にUnityプロジェクトの「Assets」フォルダ直下を指定します。FBXプリセットは「Unity Static」で。(「FBXプリセットを編集」内の「アクションを書き出し」が「アクションを個別のテイクへ出力」になっているかを確認。デフォルトですが)

「出力」か「別名で出力」を選んで書き出します。書き出し中のようなプログレスバーは出ないようなので無反応にも見えますが、書き出されているようです。

05

Unityで読み込み確認

Modoから直接Assetsフォルダ以下に書き出したので、Unityを再度アクティブにするだけで認識され、読み込み確認が行われます。

すると、、

06

Metallic value will be taken from the Smoothness texture’s red channel.

Material may not appear as expected!

See warning in Console for more details.

という警告が出やがります。Metallicのためのredチャンネルは、もともと作っていないので、この警告は無視してていいのかな?(なんかわかったら追記します)

Assetsフォルダを見ると

  • FBXファイル(.fbx)
  • FBXファイル_mat
  • Materials(フォルダ)
  • Textures(フォルダ)

が生成されています。これら4つを削除すれば、再度Modoの出力ボタンを押して即座に書き出すことができます。FBXをHierarchyにドラッグ&ドロップすれば、

07

えらくちっちゃく読み込まれましたので、スケールをXYZとも「100」にしました(Modoで100倍してから書き出してもいいですね)。しかし、やっとテクスチャ付きでなんとかUnityに読み込まれました。ノーマルマップもしっかり反映されているようです。

まとめ

できるだけ最短で問題が生じても多少のことは気にせずに、Unityに持ってくる事だけを目標にやってきましたが、なんとかUnity上に現れました。発生した問題や、もっとよりよくするためのテクニック、そのほかのツールとのやりとりについては、今後も「蟲籠式」としてMEMOしていこうと思います。