Adobe Animate CC (旧Flash Professional)名称変更記念

スポンサーリンク

 ついに本日のアップデートで「Flash Professional」が名称変更し、「Adobe Animate CC」となりました。それを記念してここにMEMOを残しておきます。

00

Adobe、Flash Proを「Animate CC」に改名してやる気出す
「Adobe Flash Professional」が名前を変えて「Adobe Animate CC」になるそうです。 これは大きなニュー...

名称変更の理由は、

アドビのブログでは、Creative Cloud、Document Cloud、Experience Cloudの最新情報や役に立つ情報を紹介しています。

Web や新たなプラットフォームに最適なアニメーション制作ツールであることをより明確に示すため

ということです、一応。

新機能としては、「Creative Cloud Libraries」のサポートや「アニメーションをOAMファイルとしてパッケージ化」する機能や、「SVGを直接ステージに読み込む」機能あたりが興味深いところです。

 関連情報

本日見つけたAdobe Animate CC関連のニュースやブログを随時追加しておきます。

2016年2月9日(火)、アドビシステムズより「Flash Professional CC (通称:Flash Pro CC)」が名称を変更し「Animate CC」としてリリースされました。2ヶ月前の記事「Flashが終わったと勘違いをする前に知っておきたい8つのこと」で紹介したとおり、ソフトの改名は業界が震撼した大...
Adobe Flash Professional改めAdobe Animate CCが日本時間2016年2月9日にリリースされました。Adobeサイトを始めとす...
2月9日、アドビシステムズのウェブ開発ツールが大幅に機能強化され、Flash ProfessionalがAnimateと名を変えて登場しました。
アドビシステムズは、「Animate CC(旧Flash Professional)」「Muse CC」「Bridge CC」の計3製品をメジャーアップデート。新機能などを追加する。