Xcode 6 (Beta3) でSwiftを試す:さらっと試したログ

スポンサーリンク

Xcode6 Beta3 でSwiftの動きをさらっと試したログです。ほんのちょっとずつしか試してないのですが、このくらいでだいたいどんなものかも掴めると思います。

//【関数】
//【文字列の中に変数値】
//【変数:letとvar、宣言や代入】
//【連結と型変換】
//【配列 array】
//【dictionary】
//【Optional】
//【if else】
//【switch】
//【for, for n in x…y, for(key,value) in obj, while n < 5】 //【クラス】 //【列挙型】

※すでにBeta初期の頃と書き方が変わっていたりするようなので、Swiftという言語自体も正式リリースまでに仕様が少しずつ変わっていきそうですね。このエントリーで掲載したコードもそのうち動かなくなる箇所が出てくるかもです。コード内でコメントしている仕様変更された箇所はこのブログ「Swift Language Changes in Xcode 6 beta 3」にありますね。

とはいえ、だいぶ馴染みやすい言語であることも、このログをざっとみればわかると思います。

この動作を実際に試してみたい場合は、「Xcode 6 (Beta3) でSwiftを試す:とりあえず HelloWorld」でXcode6をセットアップして、下記のGistのコードをmain.swiftにそのままコピペするだけで試せると思います。