PHPからiOS/Androidアプリへプッシュ通知 2023(3)Android編

広告:超オススメUnity Asset
  広告:超オススメUnity Asset

Androidアプリへプッシュ通知するための準備MEMOです。このシリーズは、

のように分けて書いてます。iOSアプリへはApnsPHP(あるいはcurl_exec)を介してAPNs(Apple Push Notification Service)、AndroidアプリへはFirebase Admin SDK for PHPを介してFCM(Firebase Cloud Messaging)を使います。

Android編

iOS編と同様に、Project Settingsでcompany Nameを「mushikago」、Product Nameを「QuickReplace」と入れると、自動でPackage Nameが「com.mushikago.QuickReplace」となります。

このMEMOでは今後、このパッケージのアプリを例に書いていくことにします。

Firebase準備

Androidへの通知はFirebaseのCloud Messagingを使うため、まずFirebaseにアカウントを作り、上記のパッケージに対応するアプリを用意します。簡単な作業ですが、オススメのUnityアセット「Cross-Platform Native Plugins : Essential Kit (Mobile – iOS & Android)」のチュートリアル動画で手順を紹介してますので、この通りに進め上記の「com.mushikago.QuickReplace」をパッケージ名に入れて構成ファイル「google-services.json」をダウンロード。Assetsフォルダ直下に入れてビルドし、Android実機にアプリをインストールします。

Google Cloud Consoleにてキーを作成

FirebaseはGoogleのサービスで、その上位にはGoogle Cloud Platformが構えています。Google Cloud Consoleにアクセスすると、Firebaseで作成したプロジェクトもすでに存在しているはずです。メニューから「APIとサービス」>「認証情報」を選んだ画面

01

の「サービスアカウント」にfirebase-adminsdk 〜というアカウントができているので、それを選び、上部の「キー」画面の「鍵を追加」>「新しい鍵を作成」を押して、キータイプ「JSON(推奨)」で秘密鍵「プロジェクト名-xxx.json(quickreplaceapp-xxxxxx.json)ファイル」をダウンロードします。

このファイルを使ってFirebasePhpSDKからAndroidへ通知します。Firebaseさえ上手く組み込めれば比較的簡単ですね。ただ、やり方がAndroidの方は結構コロコロ変わる悪い癖があります。

PHPからiOS/Androidアプリへプッシュ通知 2023(4)PHP編」へつづく