【Git】UserInterfaceState.xcuserstate などを無視する

スポンサーリンク

.gitignore に無視したいファイルとして「UserInterfaceState.xcuserstate」を追加したにも関わらず、いっこうに無視されないというときのMEMO。

キャッシュを削除

00

SourceTreeでは、「設定」を開いて「高度な設定」>「編集」で.gitignoreファイルを編集できますが、ここにリストしても「UserInterfaceState.xcuserstate」など、Xcodeで何かやるだけで、いっこうに変更されたと認識されてしまうものがあります。こういうものはキャッシュを削除しとくべしのようです。

まず対象ファイルを「Finder で表示」しておいて、「端末」を押すとターミナルが開きますので、そこに「git rm --cached  」と記述し、続けてそのファイルをドラッグ&ドロップするとフルパスが追加されます。Enterを押すとキャッシュが削除されます。その必要があるファイルが他にもある場合は、それらにも同様の処理を行って削除した旨のコメントをつけてコミットしときましょう。

東京造形大学卒業後、マクロメディア(現アドビ システムズ)に入社。Quality AssuranceやテクニカルサポートマネージャーとしてFlash、DreamweaverなどのWeb製品を担当。独立後、虫カゴデザインスタジオ株式会社を設立。最近は、ZBrush、Xcode(Swift)、Firebase、Unity、Adobe Creative Cloud関連にフォーカスしています。モバイルアプリ開発情報を主としたブログ「MUSHIKAGO APPS MEMO」の中の人。