Adobe MAX 2011 基調講演2日目 超簡単なまとめ

スポンサーリンク

基調講演二日目は、HTML5、Flash的な話が中心でした。
ここまで名前がほとんど出てこなかったFlashは、さすが、最終的にはデモ栄えしまくりの映像・体験で盛り上げてくれました。

最初の最初は買収したばかりの旧Nitobi「PhoneGap」。PhoneGapはつまりDreamweaverで作ったWebアプリをネイティブアプリとしてパッケージするようなもの。これについては、本日、ADC記事で短いチュートリアルも公開されたので、そっちを見てみるのが早そうです。

Dreamweaver CS5.5 を使って Web アプリケーションをモバイルアプリケーションにパッケージ

その後、事例がいくつか。その中でもさらっとしか紹介されなかったけど、Machinariumは本当に好き。
そう、あのAmanita Designの作品ですね。買うべし!

AIR 3のCaptive runtime、ANE(ネイティブエクステンション。姉と呼ばれたりする)やら Flash Builder 4.6やらEdgeやら。
お初でないので、さほどインパクトのない時間が流れます。

で、まず目を覚ますほどのデモとしてコレ。僕的には、今回最も魅力的なものだった気がします、「CSS Shader」。
CSSとPixelbenderを組み合わせたようなやつ。なんですか、この動きは!動画動かしたまま、あるいは、フォーム入力したまま、ペラペラと紙がめくられていく動き。この技術については、今後も追っていくべし。

The CSS shaders studio

その後、Angry BirdとかFlashPlayer11系のデモが続きます。
Starlingフレームワークで2Dアニメーションが高速に動くものとか見せつけてくれました。

そしてやはりトリとしては、Stage 3D系のデモ。
もう観慣れちゃいました。
と思いきや、Flash Player 11が正式公開されたことで、実体験できちゃうわけです。
(「Unreal EngineがFlashにキタ!」とも盛り上がる。)
Epic Gamesのデモは、これは異次元もの。

まず、とにかく普通に

へ行って、Flash Player 11をインストールしましょう。特別重い事もないです。
そして、 Nissan Juke website へ行って体験してみましょう。エライことになっています。
http://www.nissan-stagejuk3d.com/

CPUに注目

基調講演2日目で紹介されたデモやサンプルは、ここにまとめられています。
http://max.adobe.com/news/2011/keynote_day2.html

コメント

  1. tshiraishi より:

    今みたら、Android版のFlash Player 11とAIRランタイム3.0がリリースされてました。

  2. tshiraishi より:

    CSS Shaderの動きがこちらの記事内の動画で見られます。
    http://www.adobe.com/devnet/html5/articles/css-shaders.html