Adobe MAX 2011 基調講演1日目 超簡単なまとめ

スポンサーリンク

FlashやHTML5は2日目で、初日は「Adobe Creative Cloud」なるものを発表。クリエイターはいつでもどこでもPCはもちろん、タブレットなんかでも仕事ができるようになりそうです。20GB。
Adobe Creative Cloud = Creative Services + Creative Apps + Creative Community
http://www.adobe.com/products/creativecloud.html

電子出版系では、Digital Publishing Suiteにシングルエディションが追加され、個人でも気軽に電子出版できるようになるようです。
http://www.adobe.com/products/digitalpublishingsuite/features/index.html?digital_publishing=single

Creative Appsは、Android端末やiOSなどで動作する制作系ツール群。昨晩の基調講演では、Adobe IdeasのAndroid版を紹介。Carousel、Kular, Collage, Debutのデモ。そして、新アプリProto。最後にPhotoshop Touchという感じでした。
なかでも「proto」というサイトのプロトタイプ(ワイヤーフレーム)などをタブレット上で手軽に作れるアプリがTwitterなんかでは人気。
Dreamweaverと互換性あり。

この基調講演の最中、AdobeがPhoneGapの会社「Nitobi」を買収したというニュースが入りました。また、Flash Player 11とAdobe AIR 3が本日公開されました。