3D Print : XYZ PRINTING ダヴィンチ 1.0 Pro を試す(準備編)

スポンサーリンク

この9月に入って、ようやく3Dプリントを試してみる事ができました。CAD系ではなく、ZBrushで作成したフィギュア系の3Dオブジェクトを使って印刷を試してみます。

3Dプリンタは、XYZ PRINTINGの「ダヴィンチ 1.0 Pro 」です。手頃な価格なので、3Dプリントを試すにもちょうどいいかもしれません。

00

準備

さて、3Dプリントを試すにも、まず何を買ってどうすればいいのか。迷いながらも色々試して行ったことをMEMOしておきます。

プリントしてサポートを除去するところまでで使ったもの

3Dプリントしてサポート(宙に浮いてる箇所をプリントするのに必要な土台のような部分)を除去するところまでの作業で使ったものをリストしてみました。使うものはこの先増えて行くかもしれませんので、使ったものが増えたら随時追記していこうと思います。

ハードウェア

備品

ソフトウェア / データ

  • ZBrush 2019.1.2(または ZBrushCore 2018.1)*1
  • Blender 2.80(FBXをSTLにデータ変換のためだけに使用。ZBrushから直接STLを作成することも可能)
  • STLデータ(今回はZBrushからFBXで書き出し、BlenderでSTLに変換したものを使用)
  • XYZmaker Suite(のうちのXYZprint)
  • XYZware Pro(ダヴィンチが接続されているWindowsにインストールされている状態。Mac版XYZprintで作成した.3w形式のファイルを開く)

*1 Wacom Intuosとのバンドルあり(おそらくZBrushCore2018に無償アップグレード可)

失敗対策アイテム

02

※ 3Dプリント出力後の作業用に準備したものについては、「仕上げ編」にて詳しく記載しています。

という感じです。工具は実際には日本製高級プラモ用ナイフやサンドペーパーなど色々買いましたが、サポートの除去作業は、この先端がカーブして尖っているハサミが一番使えました(素材がPLAだったからというのもあるかもです)。デリケートな部分はハサミよりニッパーでゆっくり切った方が安全でした。そのほかのものは、今のところ使っていません(この先使うかもですが)

フィラメントをセットアップ

フィラメントを購入したものの、一体どのようにプリンタにセットアップするのか。ダヴィンチ PRO 1.0は、他社製のフィラメントも扱えるようなのですが、最初はどう考えてもダヴィンチ専用で試すのがいいですね。カートリッジとフィラメントを別々に購入しているので、カートリッジを開けてフィラメントを取り付けるところから。

  1. ダヴィンチ専用カートリッジですが、片側は開けられそうな面があるのですが、もう片側がなかなか開けにくいです。
  2. もう一方の側面は、中央あたりを押すと開けられます。
  3. フィラメントをカートリッジに取り付け、穴から通し、付属しているチップを向きに気をつけながらつけて、閉めてロックします。
  4. ダヴィンチ本体の上蓋を開いて、抑えを外し、フィラメントが出ている方を右側にして、取っ手を持ちながらカートリッジを装着。
  5. カートリッジ装着部分付近手前側にに小さな穴があるので、そこからフィラメントを通し、左手でつまみをつまんで、右手でスルッスルッとフィラメントをホースの中へ押し込んでいきます。
  6. もう動かなくなるくらいのところまで押し込んだら、左手のつまみを外して、抑えを取り付け、上蓋を閉めて完了。(上蓋が少し空いてたりするとエラーになるので気をつけて)

次のMEMOでは、実際に3Dデータを出力した記録を残していこうと思います。