日本時間2015年9月17日未明 Xcode 7とiOS 9がリリースされました

スポンサーリンク

ついに本日、日本時間2015年9月17日未明に Xcode 7とiOS 9が一般に正式リリースされました。無償で入手可能なはずです。(beta版としては少し前から7.1βが入手可能です)

01

Build

7A220

Posted Date

Sep 16, 2015

SDK

iOS 9

OS X v10.11

watchOS 2

MacのApp StoreでもXcode 7が入手可能になっています。

02

‎Xcode includes everything developers need to create great applications for Mac, iPhone, iPad, Apple TV, and Apple Watch. Xcode provides developers a unified wo...

これはつまり、Xcode 6.4(Swift1.2)はもうダウンロードできない、ということにもなりますかね。Xcode 7からはSwift2になるので、既存のSwift1.2プロジェクトを開くとエラーが多発する恐れがあります。そのような場合は、今日急いでダウンロード&インストールせずに、6.4のままある程度キリのいいところまで仕上げて、ここぞというときに覚悟を決めてバージョンアップしましょう。しばらくエラー処理の日々が続きます(自分が悪いわけでもないのに)。

心配な方は、Xcode6.4を7に上書きするのではなく、6.4はしばらく残しておいて、別途7.1のbeta版をインストールして運用するのもいいかもしれません。Time Capsuleを使って、プロジェクトフォルダ単位で過去の状態に戻せるようにしておけば、万が一の場合、Xcode6.4であればビルドできる状態に戻すことができる可能性があります。(僕は、その形で何度か助けられたことがあります。SourceTreeなどのバージョン管理ではうまく戻れないことがよくありました)いずれにしてもビビりながらです。

いずれはXcode 7にしていかねばならないわけですが、今回特にSwiftでプロジェクトを作ってきた方は慎重に。

新しい環境ではいくつか問題の起こる仕様変更等があり、Xcode7ユーザはそれに対応しなければならないと思います。新しい仕様をネガティブに捉えているわけではありませんが、ときにそれを回避しておきたいこともあるかと思います。そんなときに役立つかもしれないので、過去にMEMOしてきたことをもう一度リストしておきますね。

【iOS9】HTTP→HTTPSだと!App Transport Security(ATS)について
iOS9では、WebViewなどで、HTTPへのアクセスができなくなっています。ネットで検索してみると、 【追記】iOS9でHTTP通信がS...
【iOS9】特定のURLスキームのみを呼び出し可能にする→.canOpenURL(url)について
URLスキームでの他アプリの呼び出し等についてもセキュリティ面で強化機能が追加されるようですね。 参考:「iOS9でカスタムURLスキーム...
Xcode7 にしたら「linker command failed with exit code 1 (use -v to see invocation)」と出てよくわからん
Fabricについてはまた改めて書くとして、Fabricのβ版配布機能がApple製TestFlightよりも便利なので、よく使っています。...
Swift2にしたら「Method does not override any method from its superclass」が出てよくわからん
Xcode6.4(Swift1.2)の環境から、Xcode7(Swift2)の環境にしたところ、オーバーライドしていたメソッドがエラーを出す...

 

ちなみに、iOS9に関しても本日リリースされてます。こちらも一般ユーザ向けにリリースされています。(今インストール中)

03

東京造形大学卒業後、マクロメディア(現アドビ システムズ)に入社。Quality AssuranceやテクニカルサポートマネージャーとしてFlash、DreamweaverなどのWeb製品を担当。独立後、虫カゴデザインスタジオ株式会社を設立。最近は、ZBrush、Xcode(Swift)、Firebase、Unity、Adobe Creative Cloud関連にフォーカスしています。モバイルアプリ開発情報を主としたブログ「MUSHIKAGO APPS MEMO」の中の人。