UnityでDocumentsフォルダにあるPNGをテクスチャとして読み込んでみるテスト

スポンサーリンク

ちょっと軽くUnityのテストをしてみたのでMEMOとして残しておきます。

UnityにおいてiOSのドキュメントフォルダにアクセスするにはどうするのか、そこにあるPNG画像をテクスチャとしてRawImageに適用できないものか、をテストしていたものです。

00

結論としては簡単な話ですが、Unityのコード(この例ではC#)において、「Application.persistentDataPath」でドキュメントフォルダまでのパスが取れましたので、それに「/app.png」をつければファイルまでのパスは、iOSデバイス上においても取得できました。

ソースとしては、こんな感じで「using System.IO;」で画像データを読み込んでいます。

 

これをシュミレータSDK用

01

とデバイス用

02

とで書き出して、それぞれテストしてみましたが、どちらもうまく読み込めました。

シミュレータ用は、Xcode用のプロジェクトを書き出して一度RunするとMac内にアプリのディレクトリが作成され、その中にDocumentsフォルダが作成されます。そのフォルダを一発で表示するには、↓ここで紹介したユーティリティが便利です。

[Xcode] iOSシミュレータにインストールしたアプリのディレクトリを一発で表示。「SimPholders2」
Xcode 6 になってからややこしくなった、iOSシミュレータのアプリディレクトリ。 iOSシミュレータを初期化するために使う「Rese...

Documentsフォルダを開いて手動で「app.png」(適当な画像)をコピーしておいて、もう一度起動すると、このテストアプリでは中央にPNGがRawImageのテクスチャとして表示されます。

デバイス用は、iTunesで「app.png」をアプリのドキュメントフォルダにコピーしておきます。ドキュメントフォルダにアクセスする方法は、

iTunesのアプリ一覧画面でドキュメントフォルダにアクセスできるようにする
デフォルトでは、iTunesでアプリのドキュメントフォルダにアクセスすることはできませんが、info.plistで設定をすることで、そのアプ...

にMEMOしておきました。iTunesでコピーしておいてから実機で動作確認すると、そのPNGが画面中央にテクスチャとして表示されました。

このテストのソースは、GitHubにおいておきました。

東京造形大学卒業後、マクロメディア(現アドビ システムズ)に入社。Quality AssuranceやテクニカルサポートマネージャーとしてFlash、DreamweaverなどのWeb製品を担当。独立後、虫カゴデザインスタジオ株式会社を設立。最近は、ZBrush、Xcode(Swift)、Firebase、Unity、Adobe Creative Cloud関連にフォーカスしています。モバイルアプリ開発情報を主としたブログ「MUSHIKAGO APPS MEMO」の中の人。