【動画】Twitterのモバイル向けSDK「Fabric」でCrashlyticsを組み込む様子

スポンサーリンク

00

いつもならスクリーンショットを並べるところなのですが、今回は一連の作業を動画に撮っておきました。TestFlightがAppleに買収されてから、昔ほど使いやすくない(*)ので、それに置き換わるものとして、このFabricを導入して利用しています。

* Apple買収後のTestFlightは、AppleIDだけでテスト環境に配布できるメリットがありますが、アップロードしてから配布できる状態になるまでに若干時間がかかるのがイヤなので、現時点ではあまり使っていません。もうちょっと研究してみるつもりではありますが。

 

この動画は、既存のXcodeプロジェクトに「Crashlytics」を組み込んでいる様子です。これによって旧TestFlightのようにUDIDを登録した実機テスト環境にテストビルドを配布するような仕組みも扱えるようになります。動画の後半では、ついでに「Twitter」も追加しています。

fabric from mushikago on Vimeo.

 

※ 配布だけなら、 deploygate も使えそうなので要チェックです。