アドビ、2020年 FlashPlayerのサポート終了を発表

スポンサーリンク

ブラウザ上でFlashコンテンツを再生するプラグインのサポートを2020年に終了するということです。ブラウザの表現力が乏しい頃に、プラグインを使うことでWebブラウザ内に活気をもたらしていた時代があったわけですが、そこでトップの座に位置していた「FlashPlayer」がその役割を終えたということですね。

Adobe has long played a leadership role in advancing interactivity and creative content – from video, to games and more – on the web. Where we’ve seen a need to...

 


Adobe Animate CCは続く

ユーザにとっては、死んだように残されていくよりは、このように3年の猶予付きで告知された方がよかったのだと思います。

ただ、ここで間違ってはいけないポイントは、Flashコンテンツを作ることが可能な制作用のソフトウェア「Flash Professional」の開発を終了したわけではないという点です。数年前に改名して「Animate CC」となっています。

Adobe、Flash Proを「Animate CC」に改名してやる気出す
「Adobe Flash Professional」が名前を変えて「Adobe Animate CC」になるそうです。 これは大きなニュー...

「Player」がつくかつかないかだけで、ほぼ同じ名前なため、どちらを指すのかわかりにくかったところを、

 残したい方を改名→時代の流れで役割を終えた方を終了

とした感じですね。Flash Professionalに少しでも影響しないように改名しておいたのは、計画的なことだったのだと思います。

Animate CCは「ANIME」を作るもの

では、「Adobe Animate CCで作成したアニメーションはどこで活躍することになるのか」ですが僕が思うには、やはりデジタルビデオだと思います。(NHK NEWS WEBのリンク先がなくなってもうてるけど)

「デジタルビデオ書き出しの時代がくる」ということについては、2013年頃にわかっていました。

FutureSplash Animator の最新版リリース!とりあえずどんなものか
この15年以上もの間、史上最強のアニメーション制作ソフトとして、あのDirectorの火の海をも消し去るほど高速なカニ歩きで水しぶきをまき散...

さてここからが肝!昔は、パブリッシュしてブラウザのFlashPlayerで見るもんでした。
CC以降の時代はもうこれで行きましょ、「ビデオ書き出し」です。バージョンCCでは、ビデオ書き出しの速度が神速です。ビデオで書き出して、YouTubeで公開しましょ。

他にも、HTML5への出力という考えもあるかと思います。また、「Adobe AIR」はそもそも名前にFlashがつきませんが、こちらも終了するわけではありませんね。

昨日は、FlashPlayerにお世話になった方々の想いを数多く目にしましたが、僕の率直な気持ちとしてはこんなところ↓

問題としては・・

「Flash」という言葉自体がなくなっていくのか?製品名も「Animate」、FlashPlayerもなくなる、今まで「Flashコンテンツ」と呼んでいたものは、今後なんと呼ぶのだろうか。上記のNHK Webの記事では(リンク先ないけど・・)、湯浅監督は、思いっきり「Flashアニメ」と呼んでいるし、それが一番わかりやすいといえばわかりやすい。Flashを使いこなせる人を「Flasher」とか「Flash使い」と言っていた。これらは、良くも悪くも「Flash」を根付かせるためのブランディングの影響なわけですが、今後どう呼んでいけばいいのか。この辺も今後気になるところです。

追記:最近(2017年7月現在)では「WEB系アニメ」「WEB系アニメーター」と呼ぶようになってきているそうです。

FlashPlayerのサポート終了に関する記事

なんか偏った書き方をしている記事もありますが、そんなのも含めて記録ということで。昨日と今日あたりで見つけることのできたリンクを羅列しておきます。

Adobe has long played a leadership role in advancing interactivity and creative content – from video, to games and more – on the web. Where we’ve seen a need to...
Adobeが、Flashのサポートを2020年で終了すると発表しました。理由はすでにFlashの利用が大幅に減ってきているため。2020年末にはFlash Playerのアップデートと配布を中止し、既存のFlashコンテンツを新しくオープンなフォーマットに移行するようコンテンツ制作者に勧めるとのこと。 この発表を受....
Hello AIR developers, With the news today regarding Flash Player, I'm sure many of you have questions regarding AIR and its future roadmap. Let me start
アドビシステムズは、2020年末に「Flash」の提供を終了し、同ソフトウェアのアップデートと配布を停止すると述べた。
Adobe(アドビ)はついに動画やゲーム制作に使われてきた規格「Flash」の終了宣言をしました。今後その役割はHTML5が担っていくことになりそうです。
Adobeが、Flashのサポートを2020年で終了すると発表しました。理由はすでにFlashの利用が大幅に減ってきているため。
すでに大きく報道されている通り、Adobe SystemsがFlashプラットフォームに対するロードマップを発表しました。 大雑把にまとめると、Webのインタラクティブコンテンツの世界ではすでにHTML5、WebGL、WebAssemblyなどが成熟してきたため、同社ではFlashからこれらの技術への移行を推進した上で...
アドビがようやく「Flash」のサポートを2020年に終了すると発表した。その脆弱性ゆえにハッカーの標的にされてきたFlashが姿を消すことで、ウェブの世界はもっと安全になり、ブラウザの動きは軽くなる。そのはずだったが、まだ少なからぬ問題が
“電力=GPU対応の話。タッチ=対応してる。セキュリティ=動的コードを扱うOSやブラウザでも不可避な話。閉鎖的=MSE非対応でHLSしか許容しないiOSがまさにそれ。まだ「ジョボズが正しかった」とかゆってんのか相当低能だなWIRED。 ”
多くのサイトは脱Flashの流れのなかにあり、従来Flashで作られていた表現の多くはHTML5へ移行が進んでいます。使われている技術は変われど、アニメーションを心地よく見せる技やユーザーを楽しませる要素は普遍的なもの。 …
東京造形大学卒業後、マクロメディア(現アドビ システムズ)に入社。Quality AssuranceやテクニカルサポートマネージャーとしてFlash、DreamweaverなどのWeb製品を担当。独立後、虫カゴデザインスタジオ株式会社を設立。最近は、ZBrush、Xcode(Swift)、Firebase、Unity、Adobe Creative Cloud関連にフォーカスしています。。モバイルアプリ開発情報を主としたブログ「MUSHIKAGO APPS MEMO」の中の人。