【お掃除】掃除してないとiPhoneのLightning端子の穴にこんなに埃が詰まるのか!

スポンサーリンク

iPhone6sを購入して1年くらい使っていますが、最近なんだか充電しようとしても反応が良くなくて、モバイルバッテリーを持ち歩くも、充電されずに電源がなくなり、非常にストレスフルな日々を過ごしておりました。

まさかバッテリーの寿命か?などと勝手なことを考えたりしていましたが、ジーニアスバーに持ってったところで「どうせ穴の掃除をちょちょいとされて、コロッと治ったりするんだろ」とポロっとつぶやいたところで、おい、自分で掃除してみりゃいいじゃないか、ということに気がつきました。

追記:ちょうどこのMEMOを書いた日に Apple サポート公式から、一部のiPhone6sの不具合と無償バッテリー交換プログラムの案内がありました。(シリアル番号を確認したところ、僕のこのiPhone6sはギリギリ対象ではありませんでしたが。。。)

おそらくほっそい棒があればなんとかなりますが、僕の場合は、iPhone本体についていたSIM交換用の金具(SIMフリー版にはついてる)を使ってやってみました。

たいして難しくはありません。下(あるいは上)にある金属部分を少しも傷めないように注意しつつ、穴の奥の壁に溜まっている埃を掻き出します。

すると、なんということでしょう。。

00

穴の拡大写真も撮っておきました。この金属部分を傷めない様に気を付けてください。

01

この掃除を行ったところ、以前のように普通に充電できるようになりました、、が、一部のモバイルバッテリーやコードでは、やはり反応が良くないものがあります。もしかすると、これは、こんなに埃が溜まっている状態で充電をしていたため、なんらかのケーブルやモバイルバッテリー側が故障を引き起こしてしまったのかもしれません。

※追記:モバイルバッテリーを新しく買いなおしたところ、同様に充電が不安定だったため、ケーブルも新しく買いなおしたところ、そのケーブルでは、今の所順調に充電できるようになりました。家にあるケーブルをいくつも試して同様だったのでモバイルバッテリーを疑っていましたが、こうなると、家中のケーブルが一斉に調子が悪くなったという恐ろしい状況かもしれません。この埃が原因だとしたら、恐るべし埃です。

いずれにしても、しばらく掃除していない状態で、充電時に認識しなくなったという場合は、このお掃除を試してみましょう。

東京造形大学卒業後、マクロメディア(現アドビ システムズ)に入社。Quality AssuranceやテクニカルサポートマネージャーとしてFlash、DreamweaverなどのWeb製品を担当。独立後、虫カゴデザインスタジオ株式会社を設立。最近は、ZBrush、Xcode(Swift)、Firebase、Unity、Adobe Creative Cloud関連にフォーカスしています。モバイルアプリ開発情報を主としたブログ「MUSHIKAGO APPS MEMO」の中の人。