本紹介:大重さんの新しい本!「ズバわかり! プログラミング Objective-C iPhoneアプリ開発 スタートブック Xcode5.1+iOS7.1対応」

スポンサーリンク

大重さんの新しいXcodeの本が出ました!「ズバわかり! プログラミング Objective-C iPhoneアプリ開発 スタートブック Xcode5.1+iOS7.1対応」。

ズバわかり! プログラミング Objective-C iPhoneアプリ開発 スタートブック Xcode5.1+iOS7.1対応

iPhoneのアプリを作ってみたい、Xcodeの使い方やObjective-Cをいちから勉強したい、と思っている初心者の方に超オススメの本です。

特にオススメなのは、iPhoneアプリ制作には欠かせないiOS Dev Centerの扱い方がスクリーンショット付きでわかりやすく紹介されています。Chapter8まるまる使って30ページくらいで説明が書かれてます。こんなに説明を入れている本は他にないのでは?しかもつい先日(2014年4月)の最新のショット。こういうサイトのショット付きの本は、買わないとイカンですよ。

あと、Chapter1でいきなりObjective-Cの解説に入るのではなく、アプリ作成の全体像がざっと解説されているところも、初心者にやさしいですね。全体的を把握してHello Worldをやってみてから、Chapter2以降でもう少し深く入っていってます。

Chapter10で最終仕上げ、Chapter11ではAdHoc配布やApp Storeで配布するiTunes Connectの取り扱い方まで。完璧な一冊ですね。

Kindle版もあります。

東京造形大学卒業後、マクロメディア(現アドビ システムズ)に入社。Quality AssuranceやテクニカルサポートマネージャーとしてFlash、DreamweaverなどのWeb製品を担当。独立後、虫カゴデザインスタジオ株式会社を設立。最近は、ZBrush、Xcode(Swift)、Firebase、Unity、Adobe Creative Cloud関連にフォーカスしています。モバイルアプリ開発情報を主としたブログ「MUSHIKAGO APPS MEMO」の中の人。