Application Loaderの場所(Xcode 4.3)

スポンサーリンク

iPhoneアプリの配布用バイナリデータ(.ipa)をアップロードするには、Application Loaderを使います。
Xcode 4.3になって、今まで使っていた古いXcodeに含まれているApplication Loaderではバイナリを送信することができなくなったようです。
そこで、App StoreからXcodeをアップデートしたところ、Application Loaderの場所が変わったようです。

新しい場所は、Xcodeの「パッケージの内容を表示」でアプリケーション内を除くと、その中の
Contents/Applications/Application Loader
に入っています。

Xcodeを起動してXcodeメニューの「Open Developer Tool」から起動できます。
また、Xcodeを起動せず、DocのXcodeアイコンからもアクセスできますが、一度Xcodeの「パッケージの内容を表示」してDocに入れておくと便利です。

東京造形大学卒業後、マクロメディア(現アドビ システムズ)に入社。Quality AssuranceやテクニカルサポートマネージャーとしてFlash、DreamweaverなどのWeb製品を担当。独立後、虫カゴデザインスタジオ株式会社を設立。最近は、ZBrush、Xcode(Swift)、Firebase、Unity、Adobe Creative Cloud関連にフォーカスしています。。モバイルアプリ開発情報を主としたブログ「MUSHIKAGO APPS MEMO」の中の人。

コメント

  1. […] ところの「Utilities」(Macintosh HD:Developer:Applications:Utilities: )に「Application Loader」があるので起動します。 *追記:Application Loaderの場所は変わりました。Application Loaderの場所(Xcode 4.3以降) […]