Laravel8 のセットアップからlocalhostでのMySQLへのデータベース接続まで

スポンサーリンク

Mac環境でLaravel8のプロジェクトをセットアップし、MySQLに新規ユーザーを作成して、データベース接続するところまでのMEMOです。(CakePHP4でほぼほぼ同様のMEMOがありますのでご参考に

Laravel8をセットアップしローカル環境で立ち上げる

ターミナルを立ち上げてからcomposerでセットアップします。composerのセットアップまでは、ここでは省略しています。

  1. ターミナルを立ち上げる。
  2. cd {セットアップしたいところまでのパス}
  3. composer create-project laravel/laravel {プロジェクト名} "8.*"
  4. cd {プロジェクト名}
  5. php artisan -V 
    Laravel Framework 8.65.0
  6. php artisan serve でLaravel起動。

MySQLを起動し新たなユーザーを作る

前に作ったrootでログインして新たにfugaというユーザーを作ってみる。

  1. mysql.server start
  2. mysql -u root -p ※ パスワードはにrootを作成した時に指定したもの
  3. mysql> create user ‘fuga'@'localhost' identified by 'パスワード';
  4. mysql> GRANT ALL ON *.* TO ‘fuga'@'localhost';
  5. mysql> quit

Adminerをセットアップ

Php一枚でPhpMyAdminみたいなことができる非常にシンプルなものなのでコレでMySQLにログイン。

  1. Adminer をダウンロード
  2. {Laravel8のプロジェクトルート}/public/adminer にダウンロードした「adminer-4.8.1.php」を配置。(アクセスしやすいようにファイル名を「adminer.php」としておきました)
  3. http://127.0.0.1:8000/adminer/adminer.php?username=fuga と上記で設定したパスワードでログイン。
  4. 「データベースを作成」でこのプロジェクト用のデータベースを作成。(例:「_mskg_fuga」

LaravelでローカルのMySQLにデータベース接続

/.env を開き、DB_DATABASE, DB_USERNAME, DB_PASSWORD を設定。

DB_DATABASE=_mskg_fuga
DB_USERNAME=fuga
DB_PASSWORD={パスワード}

データベース接続を確認

$ php artisan tinker データベースに接続できるか確認する 簡単なのはSELECT文が通るか実行して確認します。」 >>> DB::select('select 1'); => [ ...

のように php artisan tinker を叩いて簡単なSELECT文 DB::select('select 1'); を実行してみる。

php artisan tinker
Psy Shell v0.10.9 (PHP 7.4.19 — cli) by Justin Hileman
>>> DB::select('select 1');
=> [
     {#3515
       +"1": 1,
     },
   ]
>>> 

以上