外付けHDDに新しいMac OSをインストールし、その環境でXcode 6 Betaを使うまで

スポンサーリンク

MacBook Airの内蔵ストレージがパンパンになってきたので、その環境を残しつつ、Xcode 6を試しに使ってみるための環境作りMEMOです。

13

容量は少ないものの Thunderboltに対応したHDDでそこそこ手を出してもよさそうな値段ということで、BuffaloのHD-PA500TU3 の在庫処分的なのが安くなってたので購入しました。

もうすぐ2TBの上位版 BUFFALO ミニステーション Thunderbolt&USB3.0用 ポータブルHDD 2TB HD-PA2.0TU3 が発売されることもあって安くなってるのでは。こういうこと、よくあるのですが、この数日間も待ってられないので、今日時点で在庫ありの古いものを買いました。

この手のHDDは数ヶ月であっというまに古くなるので、その時点での最新情報を確かめるようにしましょう。僕はこのシリーズが好きです。

00

HDDを起動用ディスクとしてフォーマット

まずはHDDのフォーマットから。Thunderboltで接続します。

01

アプリケーション>ユーティリティ>ディスクユーティリティを起動します。

02

左側のデバイスのリストから接続した外付けHDDをクリックし、「パーティション」タブを開きます。パーティションのレイアウトから「1パーティション」を選択します。名前をつけて、フォーマット欄で「Mac OS 拡張(大文字/小文字を区別、ジャーナリング Mac OS 拡張(ジャーナリング)」を選択します。そして、「オプション…」ボタンを押します。

(※ 追記:2014.07.10 後にAdobe製品をインストールする場合「「大文字と小文字が区別されるドライブへのインストールはサポートされていません」エラー」という仕様による問題が生じるため、「Mac OS 拡張 大文字/小文字を区別」は選択しない方がいいでしょう。アドビ製品は画像作成などで必要になってきますもんね)

03

「GUIDパーティションテーブル」を選択してOK。

04

「適用」ボタンを押すと確認ダイアログが出るので「パーティション」ボタンを押して、初期化。そのダイアログにもありますが、HDD内のデータは消えますのでご注意を。

05

わりとあっという間に初期化は完了し、パーティションマップ方式が「GUIDパーティションテーブル」になっていることが確認できると思います。(すぐに反映されない場合は、一度ディスクユーティリティを終了して再度みてみましょう)

06

Mac OS(Mavericks)のインストール

現時点(2014.07.08)で最新のMac OSは、Mavericksなので、それをインストールします。次世代のMacOS Yosemiteのβ版がすでに開発者向けにリリースされていますので、それをインストールしてみてもいいのですが、Xcode 6のβを試したいので、ここではOSはリリースされている安定したものにしておきます。

App StoreでMac OSを検索しましょう。「os x」で一番最初に出てくると思います。

07

ダウンロードボタンを押してApple IDとパスワードを入れればダウンロードが開始されます。「購入済み」でダウンロード状況が確認できます。

08

しばらく放置して、テレビでも見てると、ダウンロードが終わってインストール画面が立ち上がります。

09

手順に従ってインストールしましょう。

10

同意します。

11

インストール先のディスクを選択する画面になったら、ここで注意です。現在起動しているOSをアップデートするわけではなく外付けのHDDにインストールするので、「すてべのディスクを表示…」を押します。

12

先ほど初期化した外付けHDDが現れますので、それを選択して、「インストール」ボタンを押します。

13

管理者のパスワードを入れ、

14

インストール作業を開始します。あとは画面の手順に従って、初期セットアップをすれば完了です。

15

16

ちなみに、電源ボタンを押したあと「Optionキー」を押したままにしていると、起動するディスクを選択できます。

Xcode 6 betaをインストール

これも現時点(2014.07.08)での最新版「Xcode 6 beta 3」をダウンロードしてインストールします。
上記の情報が古くなったとしても、発表後のβ版はいつも同じあたりにあると思います。

iOS Dev Centerにログイン後(ほかのDevCenでもいいですが)、この辺りにβ版へのタブがあります。

17

スクロールして少し下がると、Xcode 6 beta 3「Download Xcode」というボタンがあります。

18

dmgがダウンロードできますので、ダブルクリックして、

19

Xcode(βマーク付きのアイコン)をアプリケーションフォルダにドラッグアンドドロップすれば完了です。

20

一番最初の起動は少し時間がかかりますが、これでまっさらなMacOS上に、Xcode 6 Betaを使用できる環境が整いました。

21

以上、ここに記載のバージョンはすぐに古くなると思いますが、手順自体はだいたいこんな感じだと思います。