神ツール Substance (by Adobe) のブラックフライデー

スポンサーリンク

Substance シリーズのブラックフライデーもきました。アドビに買収されて by Adobeとなってますが、Creative Cloudの仲間になるわけでもなく、売り方は以前とあまり変わらずですね。ブラックフライデーセールも今のところ毎年あります。

狙いは、Substance Painterです。ZBrush派の僕としては、同じ感覚で塗り塗りできて、高品質なのが超オススメの製品。ただ、セール時なので、全製品まとめて買うのもアリかと思います。

Substance00

Substance01

ただ、Painterの買い切りライセンス(perpetual licences)は、Steamでの販売になっているようで公式からリンクされてますね。スペシャルプロモーションとして、-34% OFFで ¥10,494とのこと(2019年12月4日まで)

Substance02

自分のパソコンでのパフォーマンスを試したい方や、塗り塗り心地を試したい初めての方には、30日間の体験版ありですが、少し試したら、このセール期間中に買うべしです(買うならですが)。

そして、買い切りライセンスを持ってる人向けのアップグレードですが、こちらもセール価格。なのですが、メンテナンス期間が過ぎても無償アップグレードできたりしてたので、アップグレードするかどうかの判断は悩ましいところですね。Painterからサブスクリプションへも6ヶ月間の値下げで月払いのみのようだし。ただ、次の大型バージョンアップではサポートされなくなる可能性もあるので、行っとくべきかどうか。。

Substance03

【追記】

Adobe Substance製品永久ライセンス販売終了およびサブスクリプション製品変更に関しての情報を掲載しています。ボーンデジタルはデジタルクリエイターを支援するサービスカンパニーです。ソフトウェア・ハードウェア・書籍・雑誌・セミナー・トレーニングなど様々なサービスで学びを提供しています。

Indieの場合、2020年10月31日まで、アプリケーションごとに75ドルでメンテナンスを更新できます。

これ気になりましたが、これは永久ライセンスは、下手したら2019が最後ですね。サブスクリプションは今、全製品ものしかないですが、これがアドビのCCのように、サブスクリプションのみとなった場合、DesignerとPainter単体製品のサブスクリプションが登場するかどうかですかね。

2020のタイミングでどうなるかですが、おそらく春頃には2020がリリースされると思います。

この感じ、ブラックフライデーセールを利用してアップグレードしておいた方がいい気がしてきました。