Adobe Animate CC 2018の新機能を知るならコレ

スポンサーリンク

昨日のAdobe製品のいっせいアップグレードにて、Adobe Animate CC(Edge Animateというのはもうなくて、これはAdobe Flash Proの今の名前です)も2018となりました。いやー、新機能が渋い!(悪く言ってません)。タイムスクラブツールとか渋い!新機能「レイヤー深度」を除けば、他はコマゴマとした新機能ですが、タイムラインアニメーション制作する上では、ちょい良しな機能かなとも思われます。

これらUI(ユーザーインターフェイス)の機能アップについては、やはりビデオで見るのがわかりやすい。(Animateを起動しなくても理解できますね。まだ一度も起動していないのは秘密です)

そんな時にやってくれました。野中さんのLynda.comAnimate CC 2018の新機能」が2017年11月2日まで無料公開中とのこと。これはさっそく行って見るべし!

Lynda

  • タイムラインをタイムマーカーで操作する 02:36
  • ファイルを他のドキュメントに変換する 01:30
  • フレームスパンを変える 02:34
  • フレームレートとともにフレームスパンを変える 02:07
  • タイムスクラブツールを使う 01:54
  • イージングプリセットを使う 04:06
  • フレーム単位のアニメーションに変換する 01:33
  • カメラツールを使う 05:12
  • カメラに接続とプロパティパネルの操作 05:26
  • 高度なレイヤーとレイヤー深度 04:17
  • アクションウィザードを使う 05:07
  • コードスニペットでカメラを操作する 08:02

もっともデモ映えするレイヤー深度については、Adobe Creative Stationの

Flashアニメーションといえば、2Dアニメーションというのは常識ですが、Animate CCの新バージョンでは3D空間にオブジェクトを配置した立体的なアニメーションがつくれるようになりました。とはいえ、3D描画ツールが搭載されたわけではなく、「奥行き感のある2Dアニメーション」が可能になったということです。早速、実際...

でも。

東京造形大学卒業後、マクロメディア(現アドビ システムズ)に入社。Quality AssuranceやテクニカルサポートマネージャーとしてFlash、DreamweaverなどのWeb製品を担当。独立後、虫カゴデザインスタジオ株式会社を設立。最近は、ZBrush、Xcode(Swift)、Firebase、Unity、Adobe Creative Cloud関連にフォーカスしています。モバイルアプリ開発情報を主としたブログ「MUSHIKAGO APPS MEMO」の中の人。