[Xcode Swift] [Unity C#] 時刻をJSON内に保管する

スポンサーリンク

XcodeとUnityを同時にやってたりしてるので、混在した形でのMEMOになってます。

Xcode Swiftでは、Date().timeIntervalSince1970 で Double としてJSON内に保管しておき、

//timestamp(Double)の表示形式を文字列に変換する関数
class func getDate(_ number: TimeInterval) -> String {
    let date = Date(timeIntervalSince1970: number)
    let formatter = DateFormatter()
    formatter.dateFormat = "yyyy/MM/dd HH:mm"
    return formatter.string(from: date)
}

で文字列にする例。

UnityのC#では、timeIntervalSince1970 がなさそうなので、文字列で保管し、Parse でDateTime型に戻す。

using System;
//////
string now = DateTime.Now.ToString();
Debug.Log(now);
Debug.Log(DateTime.Parse("01/01/2017"));

 今のところ、DoubleやStringでの保管が扱いやすいのでこの形を選んでます。

追記: ParseExactでフォーマットを定義するのもありですね。

00

東京造形大学卒業後、マクロメディア(現アドビ システムズ)に入社。Quality AssuranceやテクニカルサポートマネージャーとしてFlash、DreamweaverなどのWeb製品を担当。独立後、虫カゴデザインスタジオ株式会社を設立。最近は、ZBrush、Xcode(Swift)、Firebase、Unity、Adobe Creative Cloud関連にフォーカスしています。モバイルアプリ開発情報を主としたブログ「MUSHIKAGO APPS MEMO」の中の人。