UnityからAndroidへ書き出した際のエラー2つとその対処法MEMO

スポンサーリンク

Androidへの書き出し自体がひっさしぶりだったため、Android Studioを最新版にしとくか、と思ったのが甘かったです。だいぶいろいろエラーが出るようになってしまいました。最終仕上げをするわけではなく、なんでもいいから、とりあえずAndroid実機で動くものを書き出せれば、、、それでいいくらいの気持ちでの対処法MEMOを2つ残しておきます。

環境は、Unity 5.6.1f1(2017年6月12日現在)、Android Studio 2.3.3(Android SDK Tools 26.0.2 Update Available状態)です。


「Android SDK Pathが正しいか確認して」と言われてビルドできない

実際のエラーは、

Build failure

Unable to list target platform. Please make sure the android sdk path is correct. See the Console for more details. See the Console for details.

と英語で表示されます。

対処法

UnityがAndroid SDK Toolsのバージョンに対応していないため認識できていない感じか。Unity 5.6.1f1に対しては、26.0.1だとだめか。

追記:26.0.2であれば問題なくビルドできるとの情報があり。

00

一応以下の対処法も残しておきます。

ここ(直リンク) からAndroid SDK Tools 25.2.5(ちょい前のバージョン)をダウンロード。そして現在インストールされているものが「~/Library/Android/sdk/」にありますので(ファインダーメニュー>移動>フォルダへ移動で開くとtoolsフォルダがあります)、それをいったんデスクトップやらに移動しておいて、ダウンロードした「tools」とごっそり取り替えてあげます。その後、UnityからAndroid書き出しを行ってみると、このエラーはでなくなりました。

JDKのバージョンが古いとapk作成時にエラー

Failed to compile resources with the following parameters:-bootclasspath〜

とコンソールに表示されたりします。一部文字化けしてたりも。これはシンプルなUnityプロジェクトではなく、いろいろなフレームワークを利用していたりすると出たりするかも。apk作成時に出たエラーです。JDKのバージョンが古い場合などが原因と思われます。

対処法

ここ に行き、「Accept License Agreement」を選択して、Mac OS X用のJDKをダウンロード、インストールします。「Unity>Preferences>External Tools>JDK」欄に入力されてあるパス(現在インストールされているパス)をメモしておきます。ダウンロードしたインストーラで新しいJDKをインストールすると、

/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.8.0_131.jdk/Contents/Home/

と「jdk1.8.0_131.jdk」が新たに追加されますので、こちらのContents/HomeまでのパスをUnityのプレファレンスのJDKのパスに設定しておいてから再度ビルドするとうまくいくようになりました。

東京造形大学卒業後、マクロメディア(現アドビ システムズ)に入社。Quality AssuranceやテクニカルサポートマネージャーとしてFlash、DreamweaverなどのWeb製品を担当。独立後、虫カゴデザインスタジオ株式会社を設立。最近は、ZBrush、Xcode(Swift)、Firebase、Unity、Adobe Creative Cloud関連にフォーカスしています。。モバイルアプリ開発情報を主としたブログ「MUSHIKAGO APPS MEMO」の中の人。