iOS 9 で登場したマルチタスキング、「Split View」を意図的に回避する

スポンサーリンク

iOS 9の新機能でもある「マルチタスキング(Multitasking)」を試してみました。これ、Split Viewに対応してるのは、現時点ではiPad Air 2だけなんですね。。今度の9日の発表では、この機能が便利に使えるiPadが出てきそうですね。

追記 2015.09.11:Split Viewに対応したiPad Mini 4というのも出てきましたね。参考:「アップル「iPad mini 4」発売、A8搭載でSplit Viewに対応 – 42,800円から

iPad mini 3以前のiPad miniでは使用できないiOS 9のiPad向けマルチタスク機能「Split View」を、iPad mini 4なら使用できる。

01

(現在、Xcode 7 beta 5で試しています)

このマルチタスキングの対象アプリとして動作させるには、iOS 9 SDKでビルドして上記の表で対応しているデバイス+iOS 9上でアプリを実行します。そして、右側の端っこから引っ張り出すようにして左にスワイプすれば、右側に別のアプリを呼び出すことができるでしょう。

で、「Slide Over」は下にアプリを表示したまま右側から別のアプリを上に乗せて表示するような状態を指すんだと思いますが、iOSシミュレータでは「iPad 2」「iPad Retina」の場合、いくらやっても引っ張り出せませんでした(iPad RetinaってiPad Miniとは違うのか?謎)。iPad Air 2においては「Split View」を試せます。この区切り線を移動させて左右のサイズを調整できます。この動作の対象にしたくないという場合があると思いますが、ここ

NOTE

If you must opt out of Slide Over and Split View, do so explicitly by adding the UIRequiresFullScreen key to your Xcode project’s Info.plist file and apply the Boolean value YES. You can do this in the property list editor or in the General > Deployment Info area in the target editor.

と注記が書かれており、Info.plistに「UIRequiresFullScreen」という項目を入れてBoolean型で値をYESにせよ、ということですね。この設定は、ターゲットの中のGeneral>Deployment Infoにある「Requires full screen」をチェックすることでも設定されます。

02

こうすることで「Split View」を意図的に回避する事ができますが、状態としては、「Slide Over」になる感じですね。

この一連の動作を確認している様子を動画にしておきました↓

iOS 9 で登場したマルチタスキング、「Split View」を意図的に回避する from mushikago on Vimeo.

東京造形大学卒業後、マクロメディア(現アドビ システムズ)に入社。Quality AssuranceやテクニカルサポートマネージャーとしてFlash、DreamweaverなどのWeb製品を担当。独立後、虫カゴデザインスタジオ株式会社を設立。最近は、ZBrush、Xcode(Swift)、Firebase、Unity、Adobe Creative Cloud関連にフォーカスしています。モバイルアプリ開発情報を主としたブログ「MUSHIKAGO APPS MEMO」の中の人。