Apple 新プログラミング言語発表「Swift」

スポンサーリンク

日本時間今朝未明、WWDCの中で新しい言語「Swift」が発表されました。

Swift
https://developer.apple.com/swift/

ここのまとめによると↓な感じです。

  • Objective-Cよりはるかに速いパフォーマンス
  • Modernな言語仕様サポート
  • 従来のObjective-CやCコードと同じランタイムを使う
  • 併存可能。Cocoa / Cocoa Touchネイティブ
  • Xcodeで補完やデバッグなど完全対応
  • サンプルやドキュメンテーションも完備

Objective-Cよりは馴染みやすいのではないかと思います。

これはチャンス これはチャンス 勉強しなおそう

という事で、あせらずゆっくり勉強していきましょう。早くも教科書がアップルからリリースされてますので、ペラペラっと見ておきましょう。今後、この言語についてもMUSHIKAGO APPS MEMOで積極的に取り上げて行きたいと思います。Swiftタグをつけるようにします。

The Swift Programming Language

そして、早くもユーザーグループが発足しましたので紹介しておきます。遠慮なく入っちゃいましょう。

SwiftUG
https://www.facebook.com/SwiftUG

東京造形大学卒業後、マクロメディア(現アドビ システムズ)に入社。Quality AssuranceやテクニカルサポートマネージャーとしてFlash、DreamweaverなどのWeb製品を担当。独立後、虫カゴデザインスタジオ株式会社を設立。最近は、ZBrush、Xcode(Swift)、Firebase、Unity、Adobe Creative Cloud関連にフォーカスしています。モバイルアプリ開発情報を主としたブログ「MUSHIKAGO APPS MEMO」の中の人。

コメント

  1. 三昧 より:

    学びたいな