Adobe AIR SDK 4 リリース!Flash Pro CC にセットアップ。

スポンサーリンク

さきほど、Adobe AIR SDK 4 (4.0.0.1390)がリリースされたようです。という事で、Flash Pro CCにセットアップする流れです。

リリースノートはこちら(英語)
Release Notes | Flash Player 12 AIR 4

AIR SDK 4をFlash Pro CCにセットアップ

Flash Pro CCは、複数の異なるAIR SDKを切り替えて利用する事が可能です。以下は、本日リリースされたばかりのAIR SDK 4でコンパイルできるようにするまでのステップです。

  1. まず、アドビのサイト「Download Adobe AIR SDK」から最新版のAIR SDKを入手しましょう。ちなみに、他のバージョンを入手するには、「Adobe AIR Help / Archived Adobe AIR SDK versions」から落とせます。
    01
  2. ダウンロードした「AIRSDK_Compiler.tbz2」をダブルクリックして解凍します。
    02
    03
  3. 解凍後のフォルダをどこか適当な場所に保管してください。今後も同じようにAIR SDKが増えて行くので、いつも同じところに保管しておくといいと思います。
    04
  4. Flash Pro CCのヘルプメニューから「Adobe AIR SDK を管理…」を選びます。
    05
  5. 「Adobe AIR SDK を管理」ダイアログの右上にある「+」を押して、先程保管した「AIRSDK_Compiler」フォルダ(binの入ってるフォルダ)を選択します。
    06
  6. 「Adobe AIR SDK を管理」内にバージョン「4.0.0.1390」(2014.01.15現在。その時点での最新バージョン表記になります)が追加されます。
    07
  7. これで、AIR SDKが最新になったわけではありません。ここで管理されているAIR SDKを選択できるようになっただけです。今開いているコンテンツを最新のSDKでパブリッシュするには、ファイル>パブリッシュ設定を開き、ターゲット欄でAIR 4.0.0.1390 for iOSを選びます。
    08
  8. これで今開いているファイルを最新のAIR SDKでコンパイルする準備ができました。ファイルメニューでも「AIR 4.0.0.1390 for iOS設定」というようにバージョン表記が変わっていると思います。Flashを再起動する必要もありませんでした。

この先はまだじっくり見ていませんが、これからいろいろ試してみようと思います。

東京造形大学卒業後、マクロメディア(現アドビ システムズ)に入社。Quality AssuranceやテクニカルサポートマネージャーとしてFlash、DreamweaverなどのWeb製品を担当。独立後、虫カゴデザインスタジオ株式会社を設立。最近は、ZBrush、Xcode(Swift)、Firebase、Unity、Adobe Creative Cloud関連にフォーカスしています。。モバイルアプリ開発情報を主としたブログ「MUSHIKAGO APPS MEMO」の中の人。