日本のiBookstore とりあえずどんなものか:トイストーリーの絵本買ってみた

スポンサーリンク

あまりに突然だったので何も準備してませんでした。
アップルが日本のiBookstoreを開始して、iBooksというアプリで多数の日本語電子書籍が買えるようになりました。

Apple、iBookstoreを日本で提供開始

2013年3月6日、Apple®は本日、iBookstore℠を日本でオープンすることを発表し、講談社、角川書店、文藝春秋、学研、幻冬舎を含む、大手および独立系出版社の素晴らしい作品の数々を配信開始しました。

この中でも興味がわいたのが、このプレスの中にある「トイストーリー3 おもちゃの だっしゅつ だいさくせん」の読み聞かせ。子どもが寝る前に声がかれるほど読み聞かせている人には朗報ですね。こういう本を作ってみたい。これは今までも日本語で提供されてきたのかな?今まで完全に放置してきたのでわかりませんが、とりあえずどんなものか、買ってみました。

  1. まず、かなりの間眠らせていたiBooksをアップデート。iOSもiBooksも最新の状態にしないと動かないようです。

    入ってない人は、こちらから↓。

  2. iBooksを起動すると棚に本が並んでます。テストで買っていた無料の洋書は全部削除してスッキリ。

  3. トイストーリー3 おもちゃの だっしゅつ だいさくせん」を見るとサンプルがあったので、まずそれを試してみる事に。

  4. 本のダウンロードが開始されます。
  5. 本を開くと、ページをペラペラめくるような感じで読む事ができます。

  6. さて、さっそく読み聞かせ、というか「朗読」機能を開始。

  7. おお、Siriみたいな電子音なのかと思ったら、感情のこもった読み方で読んでくれるんですね。この本は、男性の声でした。「自分の好きなペースで簡単に読み聞かせを楽しむことができます。」というのは、1ページ(開いてるので2ページか)ごとに停止して、自分でページをめくるモードがあるという事ですね。

  8. サンプルみじか!おいおいサニーサイド保育園に行く前までかいな。

  9. 最後のページでも購入できるので「購入」ボタンをポチン。

  10. 当然ながら、購入後はロッツォに出会うシーン以降から最後まで読む事ができます。

  11. ページ移動を「自動」にすると、ページめくりも自動で進んでくれるようになるので、これで安心して、読み聞かせながら親だけ寝ちゃうって事も可能ですね。

電子書籍、読むだけでなく、本腰を入れて作り方を勉強する時が来たようです。
ああ、iPad miniいらないと思ってたけど、欲しくなってきた。。

トイストーリーは何やらハムがいなくなるという新しい話もあるんですね。興味ある方はこちらも。

ちなみに、絵本ではなく、トーイストーリー3の映画の購入やレンタルはこちらです。